コンセプト・足跡


埼玉栄高校女子陸上競技部は1984年に創部。
インターハイ学校対抗女子総合優勝19回。
(監督:大森:12回 監督:清田:7回)
インターハイ優勝者を延べ111人輩出し
(監督:大森:51名 監督:清田:60名)、
その中には
2012年のロンドン五輪、戦後では最年少の16歳で代表
入りを果たした土井杏南、同じくロンドン五輪代表となり、
04~06年には史上初のインターハイ100m三連覇を成し
遂げている高橋萌木子がいます。

練習の特徴は海外をも含め常に新しい発想から限りなく
緻密な練習プランにあります。
Lineを使って部員にプランを毎日配信。
一人一人に合わせた練習メニューを作成しています。
メニューは選手の特徴・考えを最大限生かし、綿密だが
柔軟、そして何より楽しくできるように工夫しています。
トップダウン的な指導法ではなく、課題と課題解決法を
わかりやすく説明し、理解し、納得した上で取り組める
指導法で行っています。

監督 清田浩伸
経歴
東京都立日比谷高校卒
東京学芸大卒
 
インターハイの足跡

歴代インターハイ優勝者(1984創部)

初代監督 大森国男

1.  城島直美(100H優勝)    1984

2.  城島直美(100H優勝)    1985

3.  城島直美(走幅跳 優勝)     1985

4.  城島直美(100H 優勝)    1986

5.  飯島要子(砲丸投 優勝)     1986

6.  萩原亜希子(800m 優勝)   1986

7.  飯島要子(砲丸投 優勝)     1987

8.  茂木陽子(400mR 優勝)    1987

9.  染谷早苗(400mR 優勝)   1987

10.菅野顕子(400mR 優勝)   1987

11.大松真由美(400mR 優勝)  1987

12.茂木陽子(100H 優勝)    1988

13.岡野利江(やり投 優勝)      1988

14.関千秋(砲丸投 優勝)      1988

15.熊田恭子(200m 優勝)    1988

16.熊田恭子(200m 優勝)    1989

17.堤文子(800m 優勝)      1989

18.角田つかさ(400mR 優勝)   1989

19.後藤真理子(400mR 優勝)   1989

20.山本恵美子(400mR 優勝)   1989

21.熊田恭子(400mR 優勝)   1989

22.熊田恭子(200m 優勝)   1990

23.徳田由美子(800m 優勝)  1990

24.森美加(400mR 優勝)    1990

25.柿沼和恵(400mR 優勝)   1990

26.山本恵美子(400mR 優勝)  1990

27.熊田恭子(400mR 優勝)   1990

28.柿沼和恵(100m 優勝)   1991

29.柿沼和恵(200m 優勝)   1991

30.徳田由美子(400m 優勝)  1991

31.徳田由美子(800m 優勝)  1991

32.柿沼和恵(100m 優勝)   1992

33.柿沼和恵(200m 優勝)   1992

34.柿沼和恵(400m 優勝)   1992

35.中西美代子(砲丸投 優勝)   1992

36.中西美代子(円盤投 優勝)    1992

37.森本明子(100mH 優勝)  1993

38.田中めぐみ(3000m 優勝) 1993

39.森本明子(400mR 優勝)   1993

40.秦玲子(400mR 優勝)    1993

41.長島美佳(400mR 優勝)   1993

42.本山恵子(400mR 優勝)   1993

43.森本明子(100mH 優勝)   1994

44.本山恵子(200m優勝)    1994

45.杉浦絵里(400mR 優勝)    1994

46.本山恵子(400mR 優勝)   1994

47.近藤昭子(400mR 優勝)   1994

48.森本明子(400mR 優勝)   1994

49.杉浦絵里(100mH 優勝)   1995

50.桧山久美子(3000m優勝)  1995

51.田中梨沙(3000m優勝)   1996

二代目監督 清田浩伸

52. 竹本香織(1600mR 優勝)  2001

53. 泉知世(1600mR 優勝)   2001

54. 栗本佳世子(1600mR 優勝) 2001

55. 安樂桂子(1600mR 優勝)  2001

56. 栗本佳世子(200m 優勝)   2002

57. 竹本香織(400m 優勝)    2002

58. ラトウアリシ(砲丸投 優勝)      2002

59. 中原ゆかり(400mR 優勝)  2002

60. 栗本佳世子(400mR 優勝)  2002

61. 柳久美子(400mR 優勝)   2002

62. 竹本香織(400mR 優勝)   2002

63. 竹本香織(1600mR 優勝)  2002

64. 泉知世(1600mR 優勝)   2002

65. 栗本佳世子(1600mR 優勝) 2002

66. 安樂桂子(1600mR 優勝)  2002

67. 柳久美子(100mH 優勝)   2003

68. 竹本香織(400mH 優勝)   2003

69. ラトウアリシ(砲丸投 優勝)      2003

70. 一木あずさ(400mR 優勝)   2003

71. 劉紅美(400mR 優勝)     2003

72. 柳久美子(400mR 優勝)    2003

73. 竹本香織(400mR 優勝)    2003

74. 一木あずさ(1600mR 優勝)  2003

75. 泉知世(1600mR 優勝)    2003

76. 吉牟田佳奈(1600mR 優勝)  2003

77. 竹本香織(1600mR 優勝)   2003

78. 髙橋萌木子(100m 優勝)   2004

79  一木あずさ(100mH 優勝)  2004

80. 吉田いずみ(砲丸投 優勝)    2004

81. 一木あずさ(400mR 優勝)  2004

82. 劉紅美(400mR 優勝)    2004

83. 宮澤愛(400mR 優勝)    2004

84. 髙橋萌木子(400mR 優勝)  2004

85. 髙橋萌木子(100m 優勝)   2005

86. 髙橋萌木子(200m 優勝)   2005

87. 吉田いずみ(砲丸投 優勝)    2005

88. 吉牟田佳奈(400mR 優勝)   2005

89. 劉紅美(400mR 優勝)    2005

90. 宮澤愛(400mR 優勝)     2005

91. 髙橋萌木子(400mR 優勝)  2005

92. 渡辺有香(1600mR 優勝)  2005

93. 木村朝美(1600mR 優勝)  2005

94. 中田美紀(1600mR 優勝)  2005

95. 吉牟田佳奈(1600mR 優勝) 2005

96. 髙橋萌木子(100m 優勝)   2006

97. 斉藤恵(400mR 優勝)     2006

98. 本田愛美(400mR 優勝)    2006

99. 中田美紀(400mR 優勝)   2006

100.髙橋萌木子(400mR 優勝)  2006

101.土井杏南(100m 優勝)   2011

    土井杏南 ロンドン五輪出場(戦後最年少)

102.土井杏南(100m 優勝)2013

103.初見笑里(400mR 優勝)  2013

104.阿部彩花(400mR 優勝)  2013

105.吉田実結(400mR 優勝)  2013

106.土井杏南(400mR 優勝)  2013

  ※ 大野瑞奈(400m 優勝)   2020

    ☆新型コロナウイルス感染拡大による

    インターハイ代替え大会

107.タネル舞璃乃(400m 優勝)  2021

108.タネル舞璃乃(400H 優勝) 2021

109.岡野弥幸(走高跳 優勝)    2021

110.田口真悠(100H 優勝)   2021

111.髙橋美月(走高跳 優勝) 2023

インターハイ女子学校対抗の歴史                                

初代監督 大森国男

・・・・・6点制・・・・・・

1984秋田 10点   女子総合7位 

1985石川 21点   女子総合優勝V1

1986山口 42    女子総合優勝V2

1987札幌 45   女子総合優勝V3

1988神戸 37   女子総合優勝V4

1989高知 34.5点 女子総合優勝V5

・・・・・8点制に変更・・・・・・

1990宮城 59点   女子総合優勝V6

1991静岡  74点  女子総合優勝V7

1992宮崎 70点  女子総合優勝V8

1993栃木 73点  女子総合優勝V9

1994富山 47点  女子総合優勝V10

1995鳥取 42点  女子総合優勝V11

1996山梨 52点  女子総合優勝V12

1997京都 26点  女子総合2

二代目監督 清田浩伸

1998香川 10

1999岩手  6

2000岐阜  0

2001熊本 64点  女子総合優勝V13

2002茨城 63点  女子総合優勝V14

2003長崎 64点  女子総合優勝V15

2004島根 42点  女子総合優勝V16

2005千葉 50点  女子総合V17

2006大阪 47点  女子総合優勝V18

2007佐賀  3

2008埼玉 22点  女子総合4

2009奈良  3

2010沖縄  5

2011岩手 39点  女子総合優勝V19

2012新潟 ※ロンドンオリンピック出場

2013大分 17点 女子総合5

2014山梨 10

2015和歌山 5

2016岡山  8

2017山形 0

2018三重 16点 女子総合9

2019新型コロナウイルス感染拡大のため中止

2020新型コロナウイルス感染拡大のため中止

2021福井 32点 女子総合準優勝

2022徳島 3点

2023北海道 11点 女子フィールド3位

オリンピック 
2012ロンドンオリンピック出場 
女子4×100mRに2名が出場
土井杏南(高校2年生) 
※ 戦後最年少出場
髙橋萌木子(埼玉栄高→平成国際大→富士通1年目)